やれない理由よりやれる方法を考えた方が幸せ

岡崎市

Myhairdesign

ほりけんです☆

僕もMyhairdesignに入って

なんだかんだ1年が過ぎ

知らない間にMYの名前と共に僕の存在も知って頂けてるみたいで

最近は美容師さんがお客様として御来店して頂ける事もしばしば

素直にスタッフ一同喜んでいます

ありがとうございます(^^)

特にまだアシスタント時代を過ごされてる美容師さんとお話する機会が多く

色んな話を聞くので

僕がMYに入った経緯とこの一年どのように過ごして

そしていまどんな心境なのか

自分の成長の記録としてという意味も込めて綴ってみようかと思います☆

僕は今年で美容師7年目です

MYに入る前は全国に40店舗以上展開する大型のサロンに勤めていました

席数は20席を超え

スタッフも30人以上居ました

とりあえず美容師になって右も左も分からない
あるのは気合いと根性と体力だけ
だったからとりあえず25歳までいけるところまでいってみようと思って突っ走りました
僕はあんまり頭良く人生こなすタイプじゃないので
20歳の時に5年スパンで人生プランを立てました

がむしゃらに練習して1年半でスタイリストになり

デビューして3年半

25歳では月間300人以上の顧客様を抱え

最年少で会社のトップスタイリストになりました

どうですか?

凄くないですか?

これだけ

聞けば、、、ね(笑)

僕は凄いと思ってたし

実際2ヶ月くらい休みなく働いてたりしたし

プライベートもほとんどなし

同棲してた彼女には愛想つかされて出て行かれるし(笑)

でももちろんやりがいを感じてたからできた事だし

そんだけやればできるんだ!って事はそこで学びました

本当に人生の財産として素晴らしい経験をさせてもらったと感謝しています

そして

僕は5年間お世話になった会社を辞めました

最初の5年はとりあえずがむしゃらにやってみる
そして次のステップは

“美容師としての質を高める”

時期にしよう

と決めていました

色んな考え方があると思いますが

僕は答えがわかんないならわかる人の元にいくのが先決だと思う人間です

そして

そんな時に出逢ったのが 

 Bossでした

なにかわかんないけど直感でした

この人は俺が欲しい答えを持ってる気がする
そんな直感に駆られMYに飛び込みました

“いきなり天狗の鼻へし折られる”

25歳で華々しく会社の玉座に座ってた男です

そりゃあ意気揚々と乗り込みましたよ

でもそこにいたのは

圧倒的な存在感のオーナー三角祐太

ヘアアレンジブログで1万PVを叩き出す中内田沙織

僕は?

前の店で月間300〜ホニャララ

、、、

で?

ですよ

それはそれこれはこれ

そこはそこここはここ

“じゃあほりけんはお客様にとってどんな価値があるの?”

三角さんに問われました

その時僕は何も応えられませんでした

三角さんは答えを持ってます

だけど答えを教えてはくれません

でも

答えを見つける方法を教えてくれました

答えを聞いてたら成長出来ていなかったと思うし

Myhairdesignに入った意味がなかったと思います

そして僕は

Myhairdesignでお客様から求められる立ち位置

岡崎でお洒落な外国人風のヘアカラーならほりけんだね

って言ってもらう事を目標に今日まで頑張ってきました

カラーモデルも1からやりました

カラーの上手い美容師さんがいれば

先輩だろうが同期だろうが

仕事だろうが休みだろうがアポ取って

押しかけて

根掘り葉掘り教えを乞いました

正直まだまだ知名度なんて低いと思うけど

それでも新規で僕の作ったスタイルを見て指名で来て頂けるようになれたのは

Myhairdesignに入って

自分で自分の価値を定めた結果だと思います 

人(お客様)に求められる

ということはこの上なく美容師として

最高の喜びだと思います

これが”やり甲斐”です

ぼくはこの”やり甲斐”というものを

探していたんだと思いました

   

   
    
    
   
いま美容師として今後の人生に迷いがあるなら

MYは間違いなく答えを見つけれる場所だと思う

三角さんが答えを探す方法を教えてくれる

沙織さんと僕の成長がその答えです

そして僕らはまだまだ成長する

俺達はもっと強くなる

.

嬉しい事に9月に新しい仲間が1人増えそうです

そしてMYにとっても今年中にもう一人スタッフを増やす事を目標としています

新しいチャレンジは勇気がいることだけど

全部ひっくるめて僕らが受け止めるから

勇気を振り絞って

1歩踏み出してみませんか?

相談 見学 なんでも

ご連絡お待ちしております(^^)

  stylist 堀 研太

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です