オーダー時に注意!ハイトーンカラーの落とし穴。

若い世代で

髪色が自由だと

やはり人気なのは

ハイトーンカラー

そんなハイトーンですが、

普通の中明度のカラーに比べ

抜群に透明感がある為、

室内 室外 太陽光 蛍光灯 壁の色

などなど、

その写真を撮る環境によって
光の色や壁の色も
髪に投影してしまうので、
色の見え方が全然違ってきてしまいます。

わかりやすく写真で比較してみました

ダブルブリーチでしっかり脱色し
薄いピンクベージュを乗せてます

↑こちらは室内

中と外で写真を撮りました

こちらが外↓

です

どうでしょうか?

これだけ色の見え方が違います。

一枚目の室内は光が均等に当たるので

色に凹凸がありません

が、

外で撮ると

影の部分と光にあたってる部分で

見え方が違いますね

青で囲んだ部分が光が当たって薄いピンクが飛び

ほとんどベージュに。。。

逆に影に入ってる上のオレンジで囲んだ部分は

濃い紫に見えます

一色のカラーなのに

グラデーションっぽく見えてしまっている

これは写真を撮る場所によって起こってしまう

【光の当たり方】

の影響です

なのでインスタなどで写真を見せてもらって
それ通りにしたつもりでも

なんか違う

となってしまうわけです

ハイトーンカラーは特に

お客様と美容師との間で

仕上がりイメージの共有が大事

になってきます

美容師はわかっていても

お客様はわからない

当たり前ですよね。

なので MY hair designでは、
しっかりカウンセリングして

何パターンか写真を合わせて
イメージを共有してから
ハイトーンは作っていく事を心がけています

特にブリーチにはこだわっていて

ダメージ90%以上カットの

ケアブリーチ

を使っているので

ブリーチしても

こんなにツヤツヤなんです

ダメージレスで

最高のハイトーンカラー

お任せください^_^

MY hair designでつくりましょう!

12月は1年の中でもっとも美容院が混み合う月です
皆さん年内に髪の毛綺麗にされたいですからね、

なので後半になるともうご予約がお取りできず
お断りしてしまう事も毎年ありますm(__)m

余裕があればどうぞ
12月上旬~中旬辺りの【平日】が
オススメです☆

なるべく多くのお客様に
今年の感謝をお伝えしたいので
どうぞよろしくお願い致します

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております^_^ MY hair design 堀

この記事を書いた人

HORIKENTA
HORIKENTA
店長/Top Stylist

外国人風カラーをはじめ、デザインカラースペシャリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください