自信メニュー その1【カットのひみつ。】

こんにちは。

岡崎市のヘアサロン

マイヘアデザイン 代表の三角です。

今日は真面目に。

カットについてのこだわりを書いてみたいと思う。

日々、

こんなのとか。

こんなのとか。

イメージ先行で色々と発信させてもらってますが

デザインを売るからこそ

根底の 技術 にも

もちろん、拘ってるわけで。

ミスミ
切れば分かるっしょ???

なんて通用する時代では無いので

自分で自分の自信あるとことか

コダワリ。とかを

伝えちゃおう!って思ったわけです。

カットに対しての想い

カットと偏に言っても色々な考えがあります。

素髪の綺麗さを大切にしながら。

とか

艶とやわらかいデザインにこだわり、、、

とか

色々もちろん考えてます。

でも僕が思うには

キマんなきゃ意味がない。

です。

だから

再現性の高いカット

はめっちゃ意識してます。

ボブなら乾かしただけでキマる。

癖がある人は、なるべくブローしやすいように。

とかです。

頭の形は人それぞれ全て違うし、

同じようにカットしていてはスタイルのモチも悪く、

軽くしようと必要以上に削がれた髪では、艶も損なわれまとまりにも影響してしまいます。

骨格をしっかり見極めたうえで、

一人一人に合うカットの手法にこだわり、ハサミを入れてます。

色んな切り方がありますが、

代表例を2つご紹介。

丸く切る。

頭にフィットさせるために丸い切口でカットしてます。

これは特にロングヘアかな。

頭は丸いんだし、

女性らしいフォルムにする為にも

角を作らない様に切ること。

そして、頭にフィットするように。

はたまた、

癖を閉じ込める為。

狙ってひねることで切り口が丸くなります。

ひねる方向を間違えたらデメリットに反転しますが、

スムーズに切れる様に

ロジカルに理解して

必要な方向に必要な分だけひねることで生まれるフィット感と柔らかい質感。

そんな細部にこだわりを持ってます。

(このブログのために堀に再現してもらいましたw)

そして、

乾かした時にキマる様に

適材適所に

『髪にゆとりを作りながらのカット』

を入れてます。

そう。

引っ張り過ぎない。って事です。

もちろん

ボブ

とかは時としてしっかりシェーピングして切ることもあります。

が、

引っ張りすぎると乾いた時に揃いません 汗

なので、

コーム(櫛)を使い分けて

テンション(引っ張る力)をコントロールして

キマる髪をイメージして切ってます。

濡れてる時にベースを切って

乾かしてからまた切るのも、こういう理由です。

重さはそのまま!動く髪へ!

これは、あんまり他の美容師さんには無い技術なんじゃないかなー?と

勝手に自負してますが

既に短くなっているところ

だけをカットするので

毛先は軽くならず

動く髪が叶う。

テレビとかでよく見る【スライドカット】とは

ちょっと違うのですが、、、

スライドカットと

モッズヘアで教わった切り方を合わせて考えました☻

僕はこう見えてネット弁慶で

ほんとは人見知りで

話始めれば

まぁまぁイケる口かもしれないけど、

顔は怖いとか言われるし

生まれ変われないし?w

だからこそ、

カットがしたくて美容師の世界に飛び込んだので

カットが上手いね。って言われるように

そこでは絶対喜んでもらいたい。

そこから生まれるお客様の笑顔が見たくて

ありがとうを言われたくて

何千、何万の練習をしてきました。

カラーリングの需要が高いので

カラーリングも、売りの一つですが
それについてはまた書きます。

元々はカット畑の出身です。

誰やねんお前。って感じた人は

一度切らせてください☻

頑張って切ります(^_^)

ご予約や御相談はお気軽に!

ポチッとLINEくださいね!
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)