僕が切るボブが収まりの良い理由とそのこだわり

先日ご来店頂いた

海外で働かれているお客様から頂いた

DMが嬉しくて(T ^ T)

こだわりをブログにしてみました
.
.

これからハンドブローだけで内巻きに収まるボブを切っていきます☺︎

まず、切る分だけをしっかり分けとります

この分けとった時のスライス線も歪まないように意識してます

このスライス線がガタガタだとカットラインもガタガタになります(と思ってます)

一つ一つの所作を丁寧に

ボブカットの基本です(と言い聞かせてます)

切るまえに

しっかりととかします

髪をとかすことをコーミングといいます

コーミングは

めちゃくちゃやります!!

このコーミングがカットではめちゃくちゃ大事になります(これは本当に!)

小さな絡まりをしっかりとかして

ナチュラルな状態で毛流れを見てカットします

しっかりとカットしたら

次に上からかぶさる毛を切ります

この時

内側がほんのちょっとだけ短くなるように切ります

ただ単純に内側より少し長めに切るっていうだけではなく

髪の毛を挟んだ指の時点でほんの数ミリ

指をずらして内側を削りながらカットします

ハサミも真っ直ぐ平行に入れてカットするのではなく

微妙に傾けてカットする事を意識しています

そうする事で切っている髪の毛の内側を微妙に削っているので

自然と内巻きになってくれます

それを繰り返し徐々に上まで切っていきます

お気づきでしょうか?

コーム(くし)の色が変わっています

ただ色が変わっただけでなく

コームの目の粗さを変えています

生え際や生えグセの強いところ

ふんわりとかしたいとろこで

コームを使い分けます

ちなみに僕は同じタイプのコームで

粗さ違いを三本分けています

ピンク色なのはご愛嬌♡キモいとか言わないでねwww

そしてこれまた

めっちゃとかします!!

そしていよいよ佳境です

右手でコーミングしながら

左手で丸みをチェックします

うん

いい丸さだ!!と心と目で確認して

カット終了!

下から覗いても

いい感じにイングラが効いてます!(内側が削れてる)

乾かして

できました☺︎

いい感じに内に収まったツヤツヤボブの完成です☺︎

一見見た目がボブでも

手入れのしやすさ

スタイリングのしやすさ

スタイルのモチ

などは

カットする側の細かいこだわりで

変わります!

僕のカット料金は正直この地域では決して安くはありません。

だからこそ

お一人お一人のカットにこだわり

ひとつひとつの所作にこだわりを持って切らせて頂いてます

是非一度僕にカットさせてください☺︎

必ず満足のいくスタイルをご提供させていただきます!

ステキな笑顔の為に頑張ります☺︎

MY hair design

この記事を書いた人

HORIKENTA
HORIKENTA
店長/Top Stylist

外国人風カラーをはじめ、デザインカラースペシャリスト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です