コンシーラーどのタイプをどこに使うべき?

こんにちは(๑′ᴗ‵๑)

今日は天気もよく、あやみちゃんに

「つぶみ」貰って元気です♡

  

 

これ美味しー♪

粒がゴロゴロはいってます!

あなたはコンシーラー使ってますか?(*・ω・)

中内田のメイクにはコンシーラーは必須です☆

クマやそばかすを隠したり

赤みをごまかしたり

唇の色を抑えたり

眉毛の印象を変えたり

いろんなところで使えますよね♪

いろんな種類のコンシーラーがある中で

今日は2種類ざっくりとどこに使うべきか

お伝えします(*´ω`*) 

  

 

タイプ別にいうと

 リキッドタイプ

  

クリームタイプ  

パレットやスティックなどの固めのやつ 

  

左右ちょっと違いますけど、お気になさらず

  • ピンクの斜線がリキッドタイプ
  • 紫の斜線が固めのタイプ

リキッドタイプは軽めで馴染みやすいので

目の下のクマ隠し、小鼻、口角の下のとこなどの、よく動くところに♪

口角の下にチョンと載せるだけでキュッと上がって見えます☆

あとは、そんなにぼってり付かないので

唇の色を抑えるのにも使いやすいです☆

その時はリップクリームと一緒に使ってくださいね♪

  

紫の斜線はスティックやパレットに入った固めのものを使いやすいです

固めのものカバー力が高いものが多いので

頬のシミやそばかすを隠しましょう☆

頬は顔の中でも皮膚の動きがあまり大きくないので

しっかりカバーして、印象を明るく☆

あとは、眉毛の位置をちょっと下げたい時に

眉毛の上の方を少し消すようにして使ってます♪

クリームタイプは間をとってますので

どっちにも使えてとっても便利☆

伸びの良いものを選んで♪

気になるところは上手に隠して

もっと今時メイクを楽しみましょう♡

この記事を書いた人

Saori Nakauchida
Saori Nakauchida
髪のお悩みを一緒に解決して行きましょう!
ヘアスタイルは一日の気分の大部分を占めるものと思っています!一緒にコンプレックスや悩みを解消し、楽しい毎日が過ごせるお手伝いが出来たらと思っています☆ヘアアレンジもお任せ下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Saori Nakauchida

髪のお悩みを一緒に解決して行きましょう! ヘアスタイルは一日の気分の大部分を占めるものと思っています!一緒にコンプレックスや悩みを解消し、楽しい毎日が過ごせるお手伝いが出来たらと思っています☆ヘアアレンジもお任せ下さいね☆